増税


会社で昨日のあちらこちらでの増税前の話になりました。
スーパーが混んでいて風邪薬がないだとか、洗剤がもう入庫しないだとか、みなさん予想以上に買われているんですね。
今日会社行ったら、髪をカットされた方が数名いました。
そんじゃ、私もってことで
帰りに、駅ナカのUNIQLOで春物の下着を買いました。
最後の最後についつられた。



カーペットを一生懸命掘るココア。




iPhoneから送信

それでも夜は明ける

2週続けて六ヒルです。
映画「それでも夜は明ける」を、またまた夫に誘われて見てきました。
この映画、英語名は「12years sleve」といい、アメリカの1840年代の話です。
アメリカの負の部分を描いた映画が賞を取るのは難しいと言われていたのに、アカデミー賞の3部門を取った映画で見たかったそうです。
私は全くノーマークで知りませんでした。

北部で妻と子供と幸せに暮らしていた黒人のバイオリン演奏者の男性が、騙されて誘拐され売られて南部で奴隷として過ごした12年間の生活を描いた映画です。
奴隷として過ごす生活の壮絶なこと、なんで人が人にあんなことができるんだろう。
人は権力を持つと、持たない人間にひどいことをしたくなるものだそうです。
アメリカで、数人の被験者のうち、半分に権力を持たせ、半分は奴隷という設定で数日過ごして人の行動を観察するという実験がなされたとき、お互いが同じ立場の被験者であるにも関わらず、権力を持った被験者はだんだんと奴隷の担当の被験者に横暴なふるまいをしてしまったそうです。
つい数日前「袴田事件」の袴田さんが釈放されたニュースが流れていました。
日本でも、警察という力を持つ立場の人間に、一般の弱い立場の袴田さんが人生を奪われてしまったことなど、この映画に通じるものがあるなあとか、
たとえば、権力を持たなくても、本来友達であるべきクラスメートにいじめをしてしまう人と、いじめをうけてしまう人がいるとか、
人間の持つ黒いものを、映画を見ながらいろいろと考えてしまいました。
人にひどいことをして、後で気分が悪くはならないのだろうか。


映画の中で主人公は、ブラッド・ピッド演じる建築家に助けてもらえて、無事に自分の家に帰ることができたのです。
でも、残されたその他の奴隷の黒人たちは、その先もさらに過酷な人生を過ごさなくてはいけないわけで、ハッピーエンドとは思えない結末でした。

tbn_dc391046d6378292.jpg
画像は公式HPよりお借りしました。
映像もシーンの取り方もとても印象的で、心に残る映画だと思います。




今日の豆苗








iPhoneから送信

増税前の買いだめ私の場合

世の中、増税前に
買った方がいいですよ~と言う雰囲気になっています。
だけど、1万買ったとして違いは300円。
そのために、収納を狭くするのはあまり得策ではないような気がするので、買いだめはしていません。

そう思っていたところ、会社から定期を今のうちに買いなさい、その分しか交通費支給しないとのお達しが来ました。
定期代を検索したら、私は100円しか変わらない。
だったら、どうでもいいようなと思っていたところ、なんと定期って1ヶ月買うのと半年買うのと5千円くらい違うことに気が付きました。
はい、私の場合、定期を半年買いだめしました。
あ、これ増税とはあんまり関係なかったかも。


それから、コスパがいいとのこのクリーム。
これ、あまりあちこちで売っていないのですが、偶然家の近くのドラッグストアのスマイルに売っていたのです。
美容液を使ってよかったので、クリームも買おうと思っていました。
でも、化粧品って古くなったらあまりよくないような気がしますので、化粧品は都度都度買ってます。
ってことで、こちらも1個だけ。
こちらもあんまり増税とは関係ないかも。













今日の豆苗


実験で一つは根の部分をアルミホイルで隠してます。(夫の案)
成長を比較してみようかと。





iPhoneから送信

テレビを見ていたら


側にいたとおもぅたら、自分からにベッドに行って寝ていました。
ゆっくり寝たかったのね。





iPhoneから送信

くっついて


私を動かさないように、密着してます。





iPhoneから送信

ちょっといい話

西安刀削麺酒楼で我が家ではお墓参りの後、いつもランチをして帰ります。

今日も、いつものように席に案内され、メニューを選んで注文をお願いしようと思っていたら、お店の方が私たちの席にいらして「申し訳ありません。前回いらした時に代金を多く頂きすぎてましたので」と返金してくれました。

前回来たのもお墓参りの後なので、秋のお彼岸の時(お正月はここお休みだったので)です。

私たちはそのことに全く気付いていなかったのに、半年間も預かっていてくれて、しかも私たちを覚えてくれていたなんて、ちょっと感動しました。

こちらの、麻辣刀削麺が本当に大好きですが(辛いものが好きでパクチーが好きな方にはおすすめ)、お店もますます大好きになりました。
ph_toshomen01.jpg

鉄鍋餃子や小龍包もおいしいですよ。
ph_tenshin01.jpg
ph_tenshin02.jpg
画像はお店のHPからお借りしました。