スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしゃれの過渡期

keikoさんと合うとおしゃれの話になります。
で、昨日は、最近は気に入ったお店が見つからないという話題。

充分おばさんですが、いわゆるおばさんの恰好はしたくない。
かといって、今まで着ていたブランドで試着してもどうもしっくりこない。

体系も変化してきたり、顔の表情が変わったりと似合わないわけです。
しかし、お店側も今まで買ったくれていたお客様が離れてしまうのは困るのではないのかな。

結論
can camにAne canがあるようにブランドにも Ane○○という風に
お姉さん(おばさん)ブランドを作ってくれっちゃってもいいんじゃないでしょうか。
デザインは同じようでも二の腕やや太めとか
ようするに私たち年代のデザイナーさんが必要なんじゃない?
そしてお値段は据え置きで!

Comments

SUBJECT
NAME
URL
COMMENT
PASS

No title 

賛成!ほんと着るものがなくて困ってるのに、お店に行っても これ!って物が見つからない

No title 

takakoさん、本当に欲しいものがなかなか見つからないよね。そう思っている人が多いのなら、作ったら絶対売れるはず!笑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。