スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンクの法則

会社にはカフェスペースと言って、お弁当を持ってきた人が食べられるようなスペースがあります。
そこは、本社から出張に来た人が、パソコンで仕事をしていることもあります。

今日も、私が持ってきたお弁当を食べていると、ふと目の前で窓に向かった席でキーボードをたたいている私に背を向けた人が目につきました。

最初は隣の椅子に置いてあったバッグがピンクだなあと思いながら、玉子焼きを食べていたら、
だんだん彼女の全体に視線が行き、着ている洋服、パソコンケース、手帳、靴まで全部ピンクなことに気が付きました。

ピンクって好きか嫌いかわかれる色じゃないですか?
好きな人はとことん好きで、彼女のように全身ピンクという人も良く見かけます。

対極のピンク着ない人(私はこっち)は全く着ない!
これには、似合うとか似合わないとか以前の、何か深層心理が働いているんじゃないかと思うんですが、どうでしょう?

Comments

SUBJECT
NAME
URL
COMMENT
PASS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。